top of page

「理容師になろう!」について

更新日:7月3日

理容師になろう!は、理容師の魅力を全国の高校生に知ってほしい思いから誕生しました。


【理容師になろう!を始めたきっかけ】

2019年に、美容師の魅力を中高生に伝えるために「美容師になろう!中高生版」を創刊しました。その際、「理容業界の現状はどうなのだろう?」と考え、調査を始めました。私の世代は幼少期には祖父について行き、地元の床屋で祖父と一緒に顔を剃ってもらった経験があります。最近の若い世代では母親と一緒に美容室に行く機会が増えてきました。そのため、理容師の技術に触れる機会が減少していることが、若い世代が理容の仕事を知らない原因であると感じ、何かできることはないかと考えました。全国の理容学校の先生方やサロンの皆様にご協力いただき、今の理容業界の現状をご教示いただき、メディアを創り、高校生に向けて伝えていくことで、何かが動き変わると思い、創刊をしました。


【理容師になろう!を通じて伝えたいこと】

理容業界の魅力・紹介

目指したきっかけ/仕事の魅力/幸せを感じたエピソード/将来のビジョン など


これからの理容業界

これからどういう時代なのか/理容師の役割/10年活躍できる理容師になるために必要な事 など


理容業界の仕事図鑑

どんな仕事か/良い所は何か/理容業界の多様化 など


理容師になるには

どんなルートがあるか/理容学校はどんなところか/学校での授業内容/学費について


理容師国家試験について/理容師に向いている人/中学校、高等学校にやると良いこと


理容師のキャリアアップ/理容師の収入・就職先


理容学生特集

なぜ理容師を目指そうと思ったか/どのような理容師になりたいか/理容学生が理容師をインタビュー など


理容業界の歴史


理容師になろう!のSNSはコチラ


理容師になろう!インタビュー・サロン紹介

【発行部数】

毎年7,000部を発行し、全国の高校に配布


【理容師人口の増加】



理容室、美容室の数はそれぞれ全国で約11万軒、26万軒とその数にも大きな差があります。美容科の新規入学者数はここ数年、2万人を越えています。一方、理容科の新規入学者状況はグラフの通り1,000人を割っている状況が続いていましたが、令和5年に16年振りに1,000人を越えました。年々少しずつ増加傾向にあり、理容師が注目され始めています。

※文部科学省学校基本調査を基に編集部で作成


理容室の求人情報についてはコチラ【教育型サロン限定】



最後に「理容師になろう!」発行の目的は・・・


私たち株式会社ビューティープロは2008年3月の創業以来、「理美容業界の社会的地位向上、人材が集まり育ち長く活躍できる業界にする」を理念に掲げ活動しています。理念実現のために2019年「美容師になろう!」を創刊し、2020年に「理容師になろう!」の活動を始め、2021年9月に創刊致しました。


若者に理容室のイメージを聞くと「おじさんくさい」「ダサい」「男の働く場所」などが浮かぶのではないでしょうか。


しかし、最近は「Barber(バーバー)」「フェードカット」「シェービング」「レディースシェービング」などの言葉がよく聞かれます。


これらは全て理容から生まれた言葉です。実は若者たちも気が付いていないだけで、日常生活の中では理容の世界と触れ合っています。


コロナ禍で職業への価値観も大きく変化し、これからの時代は「AIに負けない職業」がフォーカスされていきます。技術職であり接客業である理容師はAIに負けない職業と言われます。自分の手でお客様の髪の毛をカットし顔剃りを行い、その場で感謝していただける素敵な仕事です。また日本国内では、医者以外に唯一刃物を使用できる職業です。それは理容業界が衛生産業であり、皆さまのお顔(首から上)全てを理(ととの)えるためにある仕事だからです。


しかし理容業界の現状は、新規の理容師免許取得者が微増したとはいえ、まだまだ若者は少な高齢化が進んでいます。後継者問題も今後出てくるでしょう。だからこそ、若い人が活躍できる場が多くあります。また徒弟制度が厳しい、仕事が長い、給料が安いなどマイナスなイメージを持つ方もいらっしゃると思います。ところが働く環境は時代に合わせて随分近代化されています。古いままアップデートされていない情報が入ってくるだけで本当の情報が入ってこないからでしょう。


そこで、「理容師になろう」の出番です!


私たちが自信を持って言える事


「理容業界は、確実に進化している」


その事を取材を通じて冊子にまとめまています。 理容師になろう!を通じて理容業界で働く人がどのような思いで働いているのか、どれほど理容業界が素晴らしい所かを感じていただきたいと思います。そして今まであまり知らなかった理容業界への理解を深め、理容師という職業に興味を持ち「なってみたい」と思っていただければこれ程嬉しい事はありません。


理容師になろう!の活動にお力を貸していただけますと幸いです。


【お問い合わせ先】

理容師になろう!のご掲載などの詳細を知りたい方は下記にお問い合わせ願います。

Instagram → arai.tomoya13

お問い合わせフォーム → https://forms.gle/K1Pm8C5qbWG6MiwVA

閲覧数:31回0件のコメント

Comments


bottom of page