top of page

求人活動が上手に行く秘訣は「ママさん」

求人活動が上手にいってないサロンさんは参考にしていただければと思います。

今回のテーマは「女性」です。



まず理容・美容に入学した男女比を調べてみましたので以下数値を見てください。


令和3年学校基本調査 学科別入学状況(21.12.22)


理容

男性:550 女性:393

美容

男性:4331 女性:15672


実際に男女比を比較してみると女性の割合が多いことがわかります。


最近若手美容師さんや美容学生さんを取材させていただく機会があります。

そこで将来の目標を必ず聞くのですが、

男性だと将来独立や自分のお店を出したいという話をよく聞きます。

女性だとかなりの確率で”子育てをしながらも美容師を続けたい”という声を多く聞きます。


就職ガイダンスや説明会での話す内容をよく聞いていますが、


入社してからスタイリストデビューまで

の話はしっかりとしていますが、

それより先について具体的な話をしているところが少ないと感じます。


スタイリストデビューの後は?

会社のビジョンは?

ママさんとして働ける?

女性のキャリアアップはどうなる?


この部分が不透明だと女性の学生はなかなか響きません。

逆に求人が上手なサロンはそういったキャリアプランがしっかりとあります。


今までの説明の仕方だと男性は将来についてイメージしやすいですが、

女性はイメージしにくいのではないでしょうか?


話す内容についてはこちらを参考にしてください。




実際にこれは美容業界に限らず、子育てをしながら働きたいという声は増えてきています。

逆に育休を男性がとる会社も増えてきています。


現状だと学生の入学者数を見てみると女性の希望者が多い職業です。


入社してからのやりたい事を聞くだけではなく、

ママとなってからのキャリアプランをどの様に伝えていくかを意識していくと求人活動が上手にいくかもしれません。


ぜひ参考にしてみてください!



《ビューティープロの特徴》


■最新の求人に関する情報をサロン様に提供!


■教育型サロン様限定の求人誌を全国の理美容学校に配布!


■理美容業界の魅力を中高生に発信!


■高校の図書館にも置いてある理美容業界専門雑誌を発行!


閲覧数:6回0件のコメント

Comentários


bottom of page